ガンダムが好き。そして、ガンプラを本格的に製作する主婦モデラーのおすすめガンプラ製作本。

おすすめガンプラ製作本(書評付き)

サイトマップ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPおすすめガンプラ製作本
「パーフェクトモデリングマニュアル(初級編)」

おすすめ度:☆☆☆☆☆

 MAX渡辺さん著書の模型制作本です。
発行が1998年と古めですが、製作内容は今でも十分使えます。
 特に初級編は、模型の基本がしっかり書かれているので、基本が
知りたい方には重宝します。ただ、現在は、新品を書店では取り扱って
いないのでオークションや古本で手に入れることになりますが、ものすごく
使える本ですので、持っておきたい1冊です。
 また、MAX渡辺さんが書かれている「はじめに」「あとがき」は、「はっ!」
とすることが多いです。「模型作りって何?」って悩んだときには、ここ
だけでも読んでもらいたいと思います。
「MAX渡辺&大越友恵 ガンプラ大好き」

おすすめ度:☆☆☆☆☆

 ホビージャパンの「女子プラ!」コーナーを書籍化したもの。
女性モデラーの大越友恵さん(現オオゴシ*トモエさん)とMAX渡辺さんが
会話形式でガンプラを製作していきます。
初心者が疑問に思う(中級〜上級者にとったら当たり前のようなこと)ことを、
オオゴシさんがバンバンMAX渡辺さんに投げかけてくれます。
 また、失敗もいっぱいしてくれるので、失敗の修正(リタッチ)も学べます。
会話形式で進むので、文章が多いですが、その分内容が充実しています。
 ただ、「あれはどこに書いてあったかな〜。どっかに書いてあったんだけど」
とほしい情報を探すのはちょっと大変かもしれませんが、女性モデラーさんが
実践している本は珍しいので、女性モデラーさんには読んでもらいたい本
です。
「カンペキ塗装ガイド ぷはプラモのプ」

おすすめ度:☆☆☆☆

 塗装ガイドとなってるだけあって、塗装方法のバリエーション例が豊富です。
ペーパーがけなど基本的な工作については載っていません。
ウェザリング(汚しテク)なんかも載っています。
塗装にこだわりたいと思いだした時に持っておくといいかも。
また、塗装に関することとして、サフの説明、塗料の説明も詳しく載っています。
また、マニキュアを使った塗装方法(注意点も載っています)、迷彩塗装、
ドライブラシ仕上げなども豊富な写真と一緒に説明されているので、本に
従ってやってみれば、できるかもしれません。
 缶スプレーの吹き方、エアブラシのメンテナンス方法も載っています。
「カンペキ塗装ガイド2 ぷはプラモのプ」

おすすめ度:☆☆☆

 上記「塗装ガイド」の続きということになっていますが、塗装のバリエーション
紹介よりもマスキングやパテの使い方、エアブラシの詳細が多いように思い
ました。ウェザリング(汚しテク)なんかも載っています。
通常MGが作例として使われることが多いですが、この本ではHGUCも作例
として使われているので、HGUCの作例も見ることができます。
 塗装に必要な工具や塗料について、よくわかる本です。
2冊共持っておくと、塗装のバリエーションと工具詳細とが学べます。
「モデル・テクニクス1(私立出戻りモケイ学園副読本」

おすすめ度:☆☆☆

 製作編・パテ編・塗装編の三編で構成されています。
パーツをランナーから切り離す作業など、全ての作業において写真も多く
とにかく細かく説明されています。
 接着剤の塗り方の説明もここまで細かい本ってあったか?っていうくらい
丁寧に説明されています。製作編では、ゲート処理、ヤスリ作業など基本的
なことがしっかりと書かれています。パテ編では、パテの使い方がこれでもか!
というくらい数ページに及んで写真付きで説明されています。
塗装編では、塗料やエアブラシの説明はもちろんのこと、特にこの本のすごい
ところは、大日本絵画が発行してるだけあって、調色テクニックや色に関する
データが多いということ。
色について勉強したいときに参考になります。
「ガンダム モデリングVol.1 HGUC編@」

おすすめ度:☆☆☆☆

 HGUCに限定して製作のためのコツが紹介されています。
後ハメ加工やディティールアップなど各キットごとに写真付きで紹介されて
いるので、HGUC派にはかなり勉強になる内容です。
 また後半には完成品も載っているので見ていて勉強になります。
Vol.1として、HGUC 001〜010までのキットが載っています。

「ガンダム モデリングVol.2 HGUC編A」

おすすめ度:☆☆☆☆

 上記の続編。
HGUCに限定して製作のためのコツが紹介されています。
後ハメ加工やディティールアップなど各キットごとに写真付きで紹介されて
いるので、HGUC派にはかなり勉強になる内容です。
 また後半には完成品も載っているので見ていて勉強になります。
Vol.2として、HGUC 011〜020までのキットが載っています。

*Vol.3は発売されたのか不明。
「ガンプラはじめの一歩」

おすすめ度:☆☆☆

 かなり初歩的な内容となっていますが、100均商品でこれだけかっこよく
仕上げることができるんだというのを学ぶことができます。
 専門的な工具などを使わなくても手軽に仕上げられる方法が紹介されて
いるので、本格的に製作を始める前の人や、お手軽にかっこよく仕上げたい
人には向いていると思います。
「ガンプラ攻略法 ガンプラマスターへの道」

おすすめ度:☆☆☆☆☆

 小さいサイズの本ですが、これがまた情報満載なんです。
写真もいっぱい使われているし、ガンプラ好きなヒロくんと謎の男
ガンプラマスターとの会話形式で製作が進んでいきます。
この本通り作ったら、かっこいいHGUCガンダムが完成します。
 また、他の製作本には載っていない知恵袋的な情報も載っている
ので、小さいくせにかなり役に立つ本です。
「難しい本はイヤなの。」という方向け。
HGUCガンダムの作例も4作品載っています。参考になります。

「ガンプラ大全集2007」

 2007年1月末までに発売中および発売予定のガンプラが素組み(キットに
よっては塗装済完成品)にて、載っています。
いわゆるガンプラカタログです。
パラパラ見てるだけでも楽しいですし、次は何を買おうかなというときに
参考になります。
旧キットも載っているので、旧キット派の人にも楽しめます。

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPへ戻る