ハセガワ たまごひこーきコンペ(第1回)

サイトマップ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPガン主婦コンペ > 第1回たまごひこーきコンペ 

フォッケウルフ FW−109A 他
製作者:MK-II(黒いほう) さん
 
【製作コメント】
・フォッケウルフ FW−109A
『カウリング上の機銃二門を削ぎ落として真鍮パイプに交換した以外はそのまんま素組みです。塗装はパッケージのあっさりしたものよりは
重厚なほうがドイツっぽいかな〜と思って暗めに。斑みたいな迷彩は筆でパターンを描かずにブラシで直でやったほうが雰囲気出るなぁ〜と
出来上がってから思いましたw』

・MIG−15
『噴射口がスカスカだったのでなんか寂しくてWAVEのバーニアを入れています。後は素組み。塗装はクレオスのシルバーをメインに色調の
異なる部分はフィニッシャーズのチタンで。今回の再販にかかっていないキットなので当然古いものですが、困ったのが油断するとバラバラに
崩壊してしまう劣化しかけのデカールでした。ガンダムデカールの100倍は気ぃ使ってますw』

・P-40 ウォーホーク
『まったくの素組み。本来はシャークマウスの似合う憎いヤツ♪・・・の筈ですが、デカールを張り損ねました(泣)。こうなるとルーのないカレー
ライスみたいなもんですwそれでもカーキ/ダークアースの迷彩は好きな組み合わせなので楽しんで塗装できました。』

・F-86 セイバー
『再販にかからなかったキットですが今回のコンペのために真っ先に作ったものです。塗装もノズルの追加もMIGとまったく同じコトをやってます。
これまたデカールが古くて苦労しました。派手なドラゴンのデカールも付属しましたがごくシンプルに。やっぱし古いジェット機はレトロフューチャーな
銀色が似合います♪』

*タマゴひこーきの楽しいところは、とにかく短時間で完成した姿が拝めるところ(実際これら全部を4日で作ってます)。
けれどもっと興味深く思えたのは、完成した姿を見てデフォルメされていないスケールキットも作りたくなってしまうコトでした。
無性にウォーホークとフォッケが作りたいですもんw

そんなエアモデラー啓発みたいな役目も備えてそうなたまひコンペ、次回の開催も楽しみにしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

感想はコチラへ!

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPへ戻る