ガンダムが好き。そして、ガンプラを本格的に製作する主婦モデラーのちょこっと加工。

【2】HGUC 1/144 ジム寒冷地仕様

サイトマップ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPちょこっと加工1/144 ジム寒冷地仕様

 
<後ハメ加工@>

 頭部の、クリアーパーツのカメラアイは、頭部を接着してからだとハマりません。
また、先に入れてしまうと、頭部を塗装する際にマスキングが必要になります。
マスキングでも対応できますので、後ハメ加工しなくてもいいです。
マスキングが苦手な人は、この後ハメ加工の方が簡単です。

まず、頭部の前パーツのあご部分の内側ピンをニッパーでカットします。
また、後パーツのドーム型の上の部分(少し出っ張っています)をドーム型と
同じ高さにデザインナイフまたはエッチングノコでカットします。
後は、これを接着するだけ。(流し込み接着剤が便利)

さらに、クリアーパーツの上部の後ろをナイフまたはノコでカットします。
クリアーパーツはカット時、割れやすいので慎重に。
(上記でカットしたドーム上の部分にハマる部分です)
これだけでも、頭部の下から無理やり押し込めばハマらないこともないですが、
押し込む際にパーツにキズが付く可能性があるので、無理やりはやめて
おきます。

 今度は、クリアーパーツのカメラ部を上下に分けます。
ジムの頭部を見てもらったらわかるように、クリアーパーツははめ込めば
外側から見れば2つにわかれます。
これを最初から2つに分けるために、上下カメラでカットします。
赤線のところで、カットします。私はデザインナイフを使って慎重にカット
しました。

 これで、上部カメラは頭部の前から差し込み、下部カメラは頭部の下
からはめ込みが可能になります。

【エッチングノコ】

*一部切り取り済みですが、こういうものです。
<後ハメ加工A>

 脚の部分が、可動優先のために複雑になっています。
この部分、グレーのパーツをはめ込んでしまうと、このグレーの
パーツが塗装できません。
マスキングでもできないことはないですが、剥がすのが困難な場所
なので、後ハメ加工の方が簡単です。

 まず、赤で印を入れた部分(脚パーツは全部4つあるので、4パーツ共)を
カットします。
デザインナイフで、少しづつそぎ落とすような感じでカットします。
デザインナイフでそぎ落とすにも限度があるので、そぎ落とせなかった
部分は、100均なんかで売っている極細マイナスドライバーの先を
ヤスリなどで刃物状に尖らしたものを使って、ゴリゴリ取ります。

 脚の4パーツ共、同じようにカットします。
確認のために、この部分にハメるグレーのパーツを下から
ハマるか入れてみます。
スッと入らなければ、もう少し削る必要があります。また、この
部分は、最終的に(完成の組立て時)接着剤で固定します。


【極細ドライバーセット】








<後ハメ加工A-2>

 今度は、ここにハメるグレーパーツの加工をします。

 @赤丸で示したポリキャップのデッパリをデザインナイフでカットします。
やわらかい素材なので、簡単に切り取れます。

 A適当な大きさのプラ板にポリキャップよりも大きめの穴を開けます。
ドリルなどを使って開けると簡単です。
2パーツあるので、2枚作ってください。
 使用プラ板サイズ:厚さ0.5mm
 ポリキャップの穴のサイズ:4.7mm
 プラ板に開けた穴のサイズ:6.0mm

 B穴を開けたプラ板の穴をポリキャップの穴に合わせて、プラ用接着剤
で接着します。1日乾かします。

 Cデザインナイフを使って、不要な部分をカットします。
ある程度デザインナイフでギコギコした後、線に沿って折るとパキっと
折れてくれます。
何度かそれを繰り返しますが、ギリギリの部分は、粗めの紙ヤスリで
整えるとキレイに仕上がります。
完成後、目立って見える場所ではないので自分の納得するj範囲で。

 以上で、この部分の後ハメ加工は終了です。


【プラ板】

 
 
【ドリル】

*ホームセンターなどで購入可能。
<バーニア加工>

 バーニアのフチは、プラスチックの厚みのままです。
これをデザインナイフで薄く削ってリアル感を出します。

 まず、バーニアのフチをデザインナイフで削ぐ(そぐ)ような
感じで薄く削っていきます。
ナイフを斜めにして削るとキレイに削れます。
りんごの皮をむくように薄く削ってください。
コツをつかめて慣れてくると簡単にできます。
あまり薄く削りすぎると、パーツが割れたりするので、その辺は適当に。

気になる人は、最後に紙ヤスリで整えます。


ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPへ戻る