ガンダムが好き。そして、ガンプラを本格的に製作する主婦モデラーの必要工具リスト。

ガンプラ製作のための必要工具

サイトマップ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPガンプラ製作のための必要工具
 ガンプラをどこまでいじってあげるかはあなた次第です。
最近のキットは、組み立てるだけで飾って楽しむこともできますから、組み立てるだけでも十分ですが、スミ入れしてみたり
色を塗ってみたり、それ以上に楽しむこともできます。
ここでは、楽しむ度合によって必要になってくる工具を紹介しています。下にいくほど必要な工具は増えていきます。
また、改修や改造に必要なものはリスト化していません。
(旧キットなど昔のキットは、組み立てるだけでも接着剤が必要になってきます)
★組み立てるだけなら〜
 *パーツを切り離して組み立てるだけの簡単ガンプラ法。
ニッパー

 ランナーからパーツを切り離すために使うのでモデラーの必需品。
組み立てるだけでも、これだけは用意しておこう。
100均でもニッパーは売っているが、できれば模型用のニッパーを
購入した方がよい。
★スミ入れまでするなら〜
 *筋彫り(モールド)にそって黒く色を付けることにより、キット自体が引き締まる効果がある。
ガンダムマーカー

 初心者向けペン塗料。
スミ入れ用、筆ペンスミ入れ用、塗装用など種類も豊富。
お手軽にスミ入れしたい人に便利。
少し広い部分のスミ入れには「ふでペンタイプ」がおすすめ。スミ入れしたい部分を
塗りつぶして完全に乾くまでにティッシュで軽くふき取ってあげると、くぼんだ部分
だけにスミが残ってくれます。
エナメル溶剤

 ガンダムマーカーが、はみ出したときに修正するための溶剤。
一緒に、綿棒を用意しておくと拭き取りに使える。
ガンダムマーカーは、プラスチック消しゴムや消毒用エタノールでも修正
することができるので、エナメル溶剤は必ず必要ではないです。
★ゲート処理までするなら〜
 *パーツを切り取ったときに少しだけ残るゲートの処理。
デザインナイフ

 模型制作の必需品。
パーツのゲート処理などいろいろ使えるので1本は持っていたい。
銘柄によってはアートナイフとも呼ぶ。
カッターナイフでも代用できますが、今後本格的な製作をする予定なら
デザインナイフを持っておいた方がいいかもしれません。
カッティングマット

 刃物を使うときに敷いておくゴム製のマット。
机をキズつけないことが目的なので、他で代用できれば必要ない。
紙ヤスリ

 パーツの整形やキズを消したりするためには必需品。
ゲート処理や合わせ目消しでは、大活躍してくれる。目の粗いもの
から細かいものまで持っておくと良い。
ゲート処理するなら、400番・600番・800番くらいは持っていたい。
(丁寧に処理するなら1000番なども必要になってきます)
コンパウンド

 塗装はせずにゲート処理までしかしないなら、模型用研磨剤の
コンパウンドで磨いておくとキレイになります。細かいキズもキレイに
してくれる。紙ヤスリ後の状態でいいなら必要はない。
★簡単フィニッシュで完成させるなら〜
 *簡単フィニッシュは、どこまでやるかによって必要な工具が違ってきます。
ここでは、最低限の簡単フィニッシュ用の工具だけ紹介しています。 →部分塗装までするなら”筆塗りするなら”を参照
プラセメイント

 プラスチック専用の接着剤。
合わせ目が気になる場合は、接着してヤスリで整えますが、気に
ならないようなら、接着の必要はありません。
プラスチックの表面を溶かして、接着するので接着力が強い。
普通に組み立てる分には、必要ないが、流し込みタイプのものもある。
 瞬間接着剤でもできるが、プラ用接着剤ほどの強度はない。
クリアー

 プラモ表面のツヤを出したり、ツヤを消したりする仕上げ用コート剤。
表面に吹き付けるだけで、デカールを剥がれにくくしたり、塗膜を保護
してくれたりもします。
(水性とラッカー系の2種類あります。違いはQ&Aにて説明しています。)
 また、クリアーはエアブラシで吹くタイプのものもあります。
エアブラシ用を使う場合は、レベリング剤入りのうすめ液を使って、クリアーを
薄めて(クリアー1:うすめ液2)、エアブラシで吹きつけます。
ピンセット

 細かいパーツをはさんだり、デカールを貼りつけるときに便利。
できれば、先端の細い模型用を持っておきたい。
★筆塗り塗装で完成させるなら〜
 *お手軽塗装。塗り方によってはムラになるので意外と難しい。
 有害性の少ない水性塗料を使うので、子供たちが塗装するには向いている。
水溶性アクリル塗料

 水性塗料。
ムラが出にくいので筆塗りに向く。水で溶いて使え、用具の手入れも水道水で
できるのでお手軽。エアブラシ、筆塗りどちらでも使える。
ラッカー系塗料よりも安全なので、子供が塗装するのにおすすめ。
*GSIクレオスの「水性ホビーカラー」
ガンダムマーカー(塗装用)

 塗装用が発売されているので、こちらを使ってもよい。
塗りムラがでやすいので、各方面から何度も塗り重ねが必要。


 平筆、面相筆など塗る面によって使い分ける。
何種類か持っておいた方が塗装スペースによって塗り分けられる。
スポイト

 塗料を薄めて使うときに、スポイトを使うと便利。
フラットベース

 塗料の瓶入りツヤ消し剤。
筆塗りするときに、塗料に混ぜてから使うと、完成後マットに仕上がる。
フラットベースを使わずに、完成後、トップコート(ツヤ消し)を吹いても良い。
サーフェイサー

 塗装前に吹き付けることで、小さなキズや合わせ目消しの甘いところが
発見できる。また、塗料の食いつきが良くなるので、塗料がキレイにのる。
スプレー式、瓶入りがあるが、スプレー式が便利。1000番が定番。
サーフェイサーを吹く作業を「サフ吹き」と呼ぶ。
*必ず必要というわけではありません。
調色スティック

 塗料は必ずかくはん(混ぜて)してから使うこと。
そのための金属製の混ぜ棒。我が家では「かくはん棒」と呼んでいる。
先端がスプーン状の方では混ぜ作業、平らなヘラ状の方も何かと使える。 
塗料皿・調合皿

 塗料瓶に筆を直接につっこんで使うのはご法度。
塗料皿に適量出して使います。また、色を調合するなら調合皿が便利。
マスキングテープ・マスキングゾル

 塗り分けるときに、塗料が付いてほしくない部分を覆い隠すテープ。
またテープでマスキングするのが困難な場所は、液状のゾルを使うと便利。
乾くとペリっとめくれる。
プラパテ

 プラモデル用のパテ。
ラッカー系うすめ液で溶いて使う。(これを溶きパテという)
合わせ目消しがうまくいかなかったときなど、小さい修正には便利だが、
固まった後に収縮してヘコんだりするので改造などには向かない。
ラッカー系うすめ液

 塗料の濃度を調節する専用シンナー。
油粘土

 塗装したパーツを乾かすのに、さして乾燥台として使える。
★スプレー缶塗装で完成させるなら〜
 *塗料の調合をすることはできないが、カラーも豊富なのでベタ塗りするには最適。
使い慣れないと、塗料が一気に飛び出すのでベッタリいってしまうこともある。
スプレー缶

 溶剤系アクリル塗料。手軽に塗装できるスプレータイプの塗料。
グラデーションやボカシ塗装などはできない。
色も豊富で使いやすいが、溶剤系なので換気やマスクの装着が必要。
必要な色がセットになったガンダムカラーも発売されている。
塗装ブース

 エアブラシや缶スプレーなどの塗装時に飛び散る塗料を防ぐためのもの。
単にダンボールで囲ってもいいが、電動ファンと排気用ホースを付けると
換気もできる。(手作りもできる)
手袋

 塗装時に、手を汚さないためにゴワゴワしない薄手のビニール手袋が不可欠。
マスク

 風邪用マスクではちょっと厳しいので、模型用のフィルターマスクが良い。
できれば、防塵(ぼうじん)マスクの方が良い。
模型屋さんで売っています。
★エアブラシ塗装で完成させるなら〜
 *一見難しそうに思われがちだが、少しづつ塗料を吹き付けていくのでベッタリ塗装になることも少ない。
少々使い慣れが必要だが、グラデーション塗装などもできるので、本格的を目指すならおすすめ。
ラッカー系塗料

 有機溶剤系の塗料。
乾燥が早く、一般的な模型用塗料となっている。
濃度調節には、ラッカー系うすめ液が必要。(筆塗り参照)
有害性が高いので、換気と長時間連続作業には気をつけたい。筆塗りすると
ムラが出やすい。
*GSIクレオス「Mr.カラー」
エアブラシ

 エア(空気)で、塗料を吹き付ける塗装用具。
コンプレッサーやエア缶を接続して使う。種類が豊富で価格もピンキリ。
グラデーション塗装などができる。
コンプレッサー・エア缶

 コンプレッサーは、電動モーターでエアを圧縮して、エアブラシに接続して使う。
エア缶は、便利だが長く使うならコンプレッサーを購入した方が経済的。
★汚しを入れるなら〜
 *キレイに仕上げるのもいいが、少し味をつけたいなら汚しを入れてみるのもよい。
エナメル系塗料

 油性の塗料。
乾燥に時間がかかるのと、浸透力が強いのでプラスチック面に大量に使うと
ヒビ割れしやすい。ラッカー系、アクリル系の下地を侵さないので、スミ入れや
ウォッシング用として使うと便利。
*タミヤの「タミヤカラー」
パステル

 紙ヤスリなどで粉末状にして、汚しに使える。
そのままだと触れば取れてしまうので、仕上げ剤で定着させる必要がある。
★その他あると便利なもの ハブラシ、綿棒、ティッシュ、不要な布(又はクッキングペーパー)、新聞紙、
洗濯バサミ、つまようじ、工具箱、両面テープ、スペアーボトル

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPへ戻る