ガンプラ主婦モデラーの製作講座「エアブラシ塗装編」。

【6】サフ吹き&パテ修正

サイトマップ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOP製作講座「エアブラシ塗装編」サフ吹き&パテ修正

*サフ吹き完了状態。

 

*サフ吹き後
<サフ吹き>

 塗料の定着をよくしたり、小さい傷を発見したりするためにサーフェイサーを
吹きます。かなり小さい傷はこのサフ吹きで埋まってくれたりします。
サフを吹かずに塗装される方もおられるので、サフ吹きは不要という人は
省いてもいいです。

 サフ吹きは、缶がお手軽ですが、慣れていないと小さいパーツや入り組んだ
パーツなんかにドッペリとサフが吹きつけられてしまう場合があります。
 私の場合、缶が苦手なのでエアブラシでサフを吹いています。
サフ缶でもそうですが、一度に吹きつけようとせずに数回に分けて吹きつけた
方がベッタリを防げます。
一度吹いて、少し乾かして、また吹くを繰り返した方がいいです。

【サフ吹きの注意点】
・パーツとサフ缶(またはエアブラシ)は、近すぎてもベッタリいってしまいますし、
遠すぎてもパーツにサフが付着するまでに粒子が固まってしまい、パーツに
吹きついたときにパーツの表面がザラザラになってしまうことがあります。
パーツとサフ缶の適度な距離は「15〜20cm」と言われていますが、本によって
多少異なります。
・また、入りくんだところやエッジ(角)はサフが付きにくいので先に狙って
吹いておいた方がいいです。

【ベッタリまたはザラザラになった場合の修正法】
・ベッタリなってしまった場合は、乾くまでは触らないようしてください。
案外大丈夫なときもあります。もし、モールドが埋もれてしまったりした
場合は、紙ヤスリの600か800番くらいでベッタリいった場所だけ磨いてサフを
削り落とします。それから、もう一度サフを吹けば大丈夫です。

・ザラザラになってしまった場合は、乾いてから紙ヤスリで削り落とすしか
方法がありません。こういうザラザラになることを「梨地(なしのように表面が
ザラザラという意味)」と言いますが、逆にこのザラザラ感を活かす方法も
あるので、必ずしも削り落す必要もないかもしれません。

【エアブラシで使うサフ瓶】

*「サフ 1:うすめ液 2」 くらいで薄めて使っています。
<パテ修正>

 ちゃんと合わせ目を消したつもりでも、サフを吹いてみたらちゃんと
消えていなかったとか、肉眼では見えなかったキズやヘコミを発見
する場合があります。

 そういうときは、パテで埋めてあげます。
パテをそのまま盛っても、パーツへの定着が悪いので、ラッカー系の
うすめ液で溶いて、「溶きパテ」として使います。

【溶きパテの作り方】
 塗料皿に、プラパテをチューブから適量出して、ラッカー系うすめ液で
溶きます。
硬さ(濃度)は、埋めたい傷によって少し変わってきますが、合わせ目
消し程度なら少しトロっとするくらいで。
また、固まるときにうすめ液(シンナー)は発揮するので、あまりうすめ液
が多いと、パテが固まったときにヒケ(凹んでしまう)てしまうので、
注意が必要です。
凹みを埋めることが目的なので、あまりサラサラすぎると塗装状態に
なってしまうので、その辺は加減して作ってください。

 作った溶きパテを、筆を使って凹みに塗るように盛っていきます。
こんもり盛る必要はありませんが、埋めることが目的というのを意識
して塗ってください。
使い終わった筆は、必ずうすめ液で洗うこと。固まります。

 2〜3日置いて、パテが十分乾燥したら、紙ヤスリで余分なパテを
削り落します。ゴシゴシこすると、せっかく埋まった凹み部分のパテ
まで取り去ってしまうので、気を付けて。
こういうとき、簡易棒ヤスリを使うと便利です。

 この後、再度サフを吹いて、問題なければエアブラシ塗装に
進みます。

【プラパテ】

ヒケやすいですが、お手軽に使えます。

【ポリパテ】

ヒケにくいですが、ニオイがキツイです。

*今回私は「ポリパテ」を使っています。





サフを吹くとヒケも見つかることがあります。
気になるようなら一緒にパテで埋めてやります。


*丸く色が変ってるところが、ヒケて凹んでいた場所。
裏には接着ピンがありました。
パテで平らに修正しました。
【7】エアブラシ塗装へ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPへ戻る