ガンダムが好き。そして、ガンプラを本格的に製作する主婦モデラーのMOOK本。

ガンプラ作例MOOK本

サイトマップ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPガンプラ作例MOOK本
 
「GUNDAM WEAPONS(ガンダム ウェポンズ)」(ホビージャパンMOOK)

 ホビージャパンに掲載された作例をまとめたMOOK本です。
多少文章が追加されていると思いますが、写真などは雑誌掲載時とほとんど同じだと思います。(全部チェックしたわけじゃないので
わからないですが)
モデラーの方によって、改造方法、カラーレシピまで詳細に書かれていることがあり、参考になります。
本の最後に、モノクロで作例解説があり、そこで製作時の苦労話やカラーレシピなどが読めます。
すべてのモデラーの方が詳しく書かれているわけではないので、「この作品の詳細知りたかった〜」っていうこともしばしば。
 ストレート組みという作例は無いに等しいですが、改造できない人にとっても、こういう塗装表現があるんだとかこういう汚し方が
あるんだと勉強になります。一部を除き、MG(1/100)が多いです。
 本の最後に設定画が載っています。見てるだけでも楽しめる作例本です。
【バックナンバー】

・機動戦士ガンダム Zガンダム編(1996年10月発行)
・機動戦士ガンダム MS-06RザクII編(1996年12月発行)
・機動戦士ガンダム MS-14ゲルググ編(1997年7月発行)
・機動戦士ガンダム ガンダムGP01編(1997年11月発行)
・機動戦士ガンダム ガンダムGP02A編(1998年10月発行)
・機動戦士ガンダム ガンダムMk-U&スーパーガンダム編(1999年3月発行)
・機動戦士ガンダム MS-09ドム編(1999年10月発行)
・機動戦士ガンダム ZZガンダム編(2000年3月発行)
・機動戦士ガンダム MS-06ザク編(2000年3月発行)
・機動戦士ガンダム RX-78ガンダム篇(2000年3月発行)
・機動戦士ガンダム 連邦軍MS編(2000年8月発行)
・機動戦士ガンダム MS-07Bグフ編(2000年12月発行)
・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア編(2001年3月発行)
・機動戦士ガンダム 08MS小隊&ポケットの中の戦争編(2001年4月発行)
・機動戦士ガンダム 一年戦争編(2001年7月発行)
・機動戦士ガンダム ニュージェネレーション編(2001年11月発行)
・機動戦士ガンダム V作戦編(2002年3月発行)
・機動戦士ガンダム 0083スターダストメモリー編(2002年5月発行)
・機動武闘伝Gガンダム Gガンダム編(2002年7月発行)
・機動戦士ガンダム 赤い彗星編(2002年11月発行)
・機動戦士ガンダム MG RX-78-2ガンダムVer.Ka & MG MSA-0011 Sガンダム編(2003年6月発行)
・機動戦士ガンダム 水陸両用MS編(2003年8月発行)
・ウイングガンダムゼロ編(2005年3月発行)
・機動戦士Zガンダム A New Translation編01(2005年9月発行)
・機動戦士Zガンダム A NEW TRANSLATION編02(2006年5月発行)
・機動戦士Zガンダム A NEW TRANSLATION編03(2006年9月発行)
・ガンダムF91/クロスボーンガンダム編(2007年3月発行)
・MS IGLOO編(2007年7月発行)
・武者列伝 零編(2007年10月発行)
 
 
「ガンプラ マニュアル」(電撃ホビーマガジン)

 電撃ホビーマガジンに掲載された作例をまとめたMOOK本です。
2のギレンの野望編では、作例ページにカラーレシピが載っています。何色を何%混ぜてと比率まで書かれているので、「この色どうやって
作るんだろう」って困ったときに参考になります。
作例解説については、1ページの1/3以下にまとめられていることが多いので、少々物足りなさを感じるかもしれません。
でも、要点をまとめて書かれているので製作に必要な情報は少ない中でも十分手に入ると思います。
使用キットはMG(1/100)が多いですが、1/144のものもあります。ストレート組は無く、やはり改造ものが中心です。
3、4、5は、旧キットの改造が中心となっているようです。旧キット改造派には、何かと参考になる本のようです。(旦那が中身を見て
喜んでいたので)1は、所有していないのでわかりません。
【バックナンバー】

・機動戦士ガンダム PGガンダム/ザク2編(2000年3月発行)
・ギレンの野望/ジオンの系譜編(2000年5月発行)
・機動戦士ガンダム 一年戦争編(2000年8月発行)
・機動戦士ガンダム 一年戦争編2 哀戦士編(2000年11月発行)
・機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙編(2001年2月発行)
 
「マスターグレードモデリングガイド」(電撃ホビーマガジン)

 MGに限定した作例MOOK本です。
発行月までに発売されたMGをシリーズごとにまとめられています。
作例本というよりも、MGの作り方ガイドみたいな感じです。1体1体数ページに渡って、作り方が説明されています。
この本通りに作っていけば、気になる点(後ハメ加工など)を解決しながら完成させることができます。ただし、塗装についてはほとんど
書かれていないように思うので、塗装目的の方には物足りないかもしれません。(全シリーズそうかはわかりませんが・・・・)
【バックナンバー】

・ガンダムSEED DESTENY(2007年1月発行)
・逆襲のシャア編(2007年4月発行)
・ザク編(2007年6月発行)
・シャア専用MS編(2007年9月発行)
・デスティニーガンダム&ストライクノワール編(2007年11月発行)
 
「機動戦士ガンダムSEEDモデル」(ホビージャパン)

 SEEDシリーズに限定した作例MOOK本です。
HGシリーズや1/144スケールの作例も多いので、このスケールが好きな人にはうれしい本です。
どういう箇所をどのようにいじったか、どういう色で塗装したか割と詳しく書かれています。写真がキレイなので塗装派の人にもおすすめ。
汚し表現はほとんどないようなので、汚しを勉強したい人にはおすすめ度は低いです。
プラ板を使った改修やディティールアップは参考になります。本の最後に、「設定資料」が載っています。
【バックナンバー】

・機動戦士ガンダムSEEDモデル vol.1(2003年5月発行)
・機動戦士ガンダムSEEDモデル vol.2(2003年10月発行)
・機動戦士ガンダムSEEDモデル vol.3(2004年5月発行)
・機動戦士ガンダムSEEDモデル vol.4(2004年9月発行)

・機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル vol.1(2006年3月発行)
・機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル vol.2(2006年3月発行)
 
「ガンダムSEED & ASTRAY モデリングマニュアル」(電撃ホビーマガジン)

 SEEDシリーズとASTRAYに限定した作例MOOK本です。
1/144、HG、1/100と平均的に作例が載っています。
カラーリングデータはかなり詳しく載っていますが、写真が少々粗いような感じがします。いじった箇所については、文章での説明が多い
ような気がするので、ある程度いじること(後ハメ加工含む)に慣れた人でないと、ちょっとわかりにくいかもしれません。
アニメ関係の設定資料(MSデータなど)が所々に載っているので、プラモ以外の情報も読めます。
【バックナンバー】

・ガンダムSEED & ASTRAY モデリングマニュアル Vol.1(2003年4月発行)
・ガンダムSEED & ASTRAY モデリングマニュアル Vol.2(2003年10月発行)
 
【その他の作例本】
・GUNDAM SEED MASTERS(電ホ)(2004年8月発行)
・GUNDAM SEED ASTRAY MASTERS作品集(電ホ)(2006年4月発行)
・Z GUNDAM MASTERS ガンプラ製作実例40選(電ホ)(2005年6月発行)
・Z GUNDAM MASTERS(2)―機動戦士Zガンダム ガンプラ製作実例集(電ホ)(2006年2月発行)
・ガンダムモデルズ MGザク&シャア専用ザクVer.2.0編(電ホ)(2007年10月発行)
・MAX WORKS(ホビージャパン)(2004年8月発行)

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPへ戻る