ガンダムが好き。そして、ガンプラを本格的に製作する主婦モデラーのガンプラ撮影講座。

ガンプラ撮影講座

サイトマップ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPガンプラ撮影講座
 正直「撮影講座」というほど専門的なことは紹介していないのですが、これだけ揃えておけばそれなりの画像が撮れるよって紹介です。
背景に我が家の整理されていない現状が映し出されていますが、この講座ではその辺は見えなかったことにしてください(笑)
撮影専門のライトなど本格的に撮影しようと思うといくらでも上があるんですが、あまりお金はかけなくないけど、それなりに綺麗に撮影したいという方向け。
この撮影方法だけが正しいってわけではないので、参考程度にお願いします。もっと簡単にキレイに撮影できる方法もあるかもしれませんので。


<準備するもの>
・テーブル
・背景用の紙(黒、白、グレーと完成品に合わせて用意しておくといいかも)
・デジカメ
・デジカメ用三脚
・反射板1〜2枚

 我が家の撮影風景。
こんな感じで撮影しています。
ライトは使わない方法ですので、自然光の入る窓際や部屋の明るい
場所を選びます。
反射板は、陰になってしまう場所(股の間とか足元、複雑に
入り組んでいるところなど)に向けて設置します。
たとえば、右から光が入ってきているのにこのアッガイの向きだと左側が
暗くなってしまいます。
こういうときは、左側に反射板を設置してあげると右からの光を反射して
アッガイに当たるのでアッガイ全体的に光が当たることになります。
要は暗いところに、光を当ててあげるようにすればいいだけです。

ここでは2枚使っていますが、明るさ(完成品の機体が白かったりすると
2枚もいらないかもしれません)によって調整してください。
アイドルが写真撮影してるときにスタッフが持ってる反射板
みたいな使い方をします。


 デジカメは、シャッターボタンを押したときに動いてブレが生じることがあるので、
タイマーを使って撮影しています。
また、手で持って撮影するよりも三脚を使って固定させた方がピントのズレが
防げます。高価なデジカメだと手ぶれなどを補正してくれる機能が付いて
いたりするので、必要ないかもしれないです。

 また、現物と撮影画像の色が異なるということがあると思います。
我が家では、そういうときは「露出補正」で調整しています。
明るすぎるな〜と思ったらマイナスに設定、暗いなと思ったらプラスに設定します。
(いきなりマイナス1やプラス1にせず、マイナス0.3など少しづつ様子を見ながら
自分好みの明るさに設定するといいと思います)

 ちなみに、下からのアングルで撮影すると巨大感が表現できたりします。
重量感や巨大感を出したいときは、デジカメを少し低めに設定して、下から見上げる
ような感じで撮影するといいですよ。

*暗いからとフラッシュを使うと必ず失敗します。
フラッシュで明るくするのではなく、反射板や自然光を利用して撮影してあげましょう。

*当HPでは、ザクファントム以降はこの方法で撮影しています。
<反射板>
段ボールにアルミホイルを貼っただけのもの。
これだけでも十分光を反射してくれます。
<デジカメ>
Nikon一眼レフカメラ「D40」 610万画素

画素数は大きいほどキレイな写真が撮れますが、
500万画素前後で十分綺麗に撮影できます。
別途、Canon「PowerShotA70」 320万画素も
持っていますが、ピントの合いや光の調整は
難しいもののそれなりのものが撮影できています。
このページでの撮影はこのPSA70を使っています。

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPへ戻る