ガンダムが好き。そして、ガンプラを本格的に製作する主婦モデラーの製作用語集。

ガンプラ製作用語集

サイトマップ

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPガンプラ製作用語集
 【製作用語集とは?】
ここでは、ガンプラ製作に登場する模型用語や工具の解説をしています。
初心者〜中級者向けの知識をあげていますので、上級者向けなどもっと込み入った用語はあげていません。
【ア行】
アクリル系塗料
  アクリル系の水溶性塗料。
 ムラが出にくいので筆塗りに向く。水で溶いて使え、用具の手入れも水でできる。
アタリ
  工作をする上で、あらかじめ付けておく目印のこと。
アンダーゲート
  プラモのゲートを目立たない裏側などに配置すること。
 ゲートが目立つメッキパーツにはありがたい。
インスト
  組立説明書のこと。
ウェザリング
  ドロ汚れやサビなど自然の汚れを塗料を使って表現すること。
ウォッシング
  溶剤で溶いたエナメル塗料を使って筆に洗うように塗る塗装方法。
うすめ液(=溶剤)
  塗料の濃度を調節するための専用シンナー。
 Mr.カラー(ラッカー系)は、「うすめ液」、タミヤカラー(水性アクリル系、エナメル系)は
 「溶剤」と使われることが多い。
エアブラシ
  エア(空気)で、塗料を吹き付ける塗装用具。
 コンプレッサーやエア缶を接続して使う。種類が豊富で価格もピンキリ。
エッジ
  主にパーツの角のことを指す。他に、ヘリ、縁、面と面の境界線など。
エナメル系塗料
  油性の塗料。
 乾燥に時間がかかるのと、浸透力が強いのでプラスチック面に大量に使うとヒビ割れ
 しやすい。ラッカー系、アクリル系の下地を侵さないので、スミ入れやウォッシング用と
 して使うと便利。
エポキシパテ
  主剤と硬化剤を混ぜることで硬化する粘土状の材料。
 レジンキットの継ぎ目消しやキットの造形、スクラッチビルドまで用途はさまざま。
【カ行】
カッティングマット
  刃物を使うときに、机をキズつけないように敷いておくと便利なゴム製のマット。
カブリ
  雨の日や湿気の多い日に塗装すると、空気中の水分を塗料が巻き込み、塗膜が
 白っぽくなること。
紙ヤスリ
  パーツの整形やキズを消したりするのに必需品。
 目の粗いものから細かいものまでそろえておくと良い。
仮組み
  パーツの合いやバランスを見るため、仮に組み立てること。
缶スプレー
  スプレータイプの塗料。
 手軽に塗装することができるが、グラデなど複雑な塗装は難しい。
完成品
  組み上がり塗装済みのものを指すが、最近は自分が完成だと思った段階で
 完成品とよぶこともある。
ガンダムマーカー
   初心者向けペン塗料。
 スミ入れ用、筆ペンスミ入れ用、塗装用など種類も豊富。
 手軽にスミ入れしたり、パーツの塗装をすることができる。
簡単フィニッシュ
  成形色をいかして全塗装せずに仕上げる方法。
 ゲート処理や合わせ目消しは、好みによって行う。
キット
  組み立て前のパーツや材料がセットになったもの。
旧キット
  接着剤を使って組み立てる従来のプラモデル。
気泡
  液体や固体中の空気の泡。
グラデーション
  色に濃淡をつけて、塗装面を立体的に見せる技法。または、色の移り変わりの推移。
クリアー
  塗料の仕上げ剤。
 水性の「Mr.トップコート」、ラッカー系「Mr.スーパークリアー」がそれにあたる。
クリアーパーツ
  無職や色の付いた透明パーツ。
グロス
  ツヤのある状態。(反対語:マット)
ゲート
  パーツがランナーにつながっている部分のこと。
コンパウンド
  ペースト状の研磨剤。
コンプレッサー
  圧縮した空気をエアブラシ(ハンドピース)に送り出す機械。
【サ行】
サーフェイサー
  下地仕上げ剤。
 塗装する前に吹きつけることで、小さなキズや合わせ目消しの甘いところを発見でき
 たりする。また、塗料の食いつきが良くなるので、塗料がキレイにのる。
サフ吹き
  サーフェーサーを吹く作業のこと。
ジャンクパーツ
  使わないパーツや余ったパーツなど。
瞬間接着剤
  アロンアロファなどシアノアクリレート系の接着剤。
 接着時間が早いのが特徴。
素組み
  接着剤不要キットを塗装せずに組み立てること。
ストレート組み
  改造しないで組み立てること。
スクラッチ
  スクラッチビルドの略。プラ板などを使ってイチから模型を作ること。
スジ彫り
  プラモ(模型)表面に施されているモールド。
スナップフィット
  接着剤を使わないで、はめ込み式で組み立てられるキット。
スペアーボトル
  塗料などを入れておく空のボトル。
スミ入れ
  モールドに、塗料を流し込む作業。色がつくことでプラモが引き締まる。
成型色
  パーツそのものの色。成型色をいかして完成させる簡単フィニッシュという完成方法がある。
【タ行】
ディオラマ
  情景模型のこと。
 建物や人物、自然のものを合わせることでシーンを表現したりもできる。
ディティール
  スジ彫りや模型表面の細かい部分など。
 満足いかない部分を自分で細部表現することをディティールアップという。
デカール
  文字や模様を印刷した薄いフィルムのこと。
デザインナイフ
  模型作製の必需品。
 銘柄によってはアートナイフと呼ぶ。
溶きパテ
  プラパテをうすめ液で溶いたもの。
 細かなキズを埋めたりするのに使う。
塗装ブース
  エアブラシや缶スプレーを使うときに飛び散る塗料を防ぐためのもの。
 単にダンボールで囲ってもいいが、電動ファンと排気用ホースを付けると換気も
 できて良い。
塗膜
  塗装によってできた塗料の膜。
調色スティック
  塗料を混ぜる棒。
調合皿
  塗料を調合するための少し深めの皿。
塗料皿
  塗料を出したり調合するための浅い皿。
ドライブラシ
  筆に付けた塗料がほとんど乾いた状態で、パーツにこすりつけるようにして塗装する方法。
【ナ行】
梨地
  表面がザラついている状態。
 サフ吹きや塗装時に、距離と吹き付け量によって起こりやすい。
二個一
  2つのキットを使って1つの完成品を作ること。
ニッパー
  ランナーからパーツを切り離すために使うのでモデラーの必需品。
 組み立てるだけでも、これだけは用意しておこう。
【ハ行】
パーティングライン
  プラモを生産するときに金型の合わせ目が線として残ってしまった分割線のこと。
パステル
  紙ヤスリなどで粉状にして、汚しなどに使える。
 触れば簡単に取れるので、仕上げ剤で定着させる必要がある。
パチ組み
  ゲート処理や合わせ目消しなど一切せずに、ただ組み立てるだけのこと。
バリ
  最近のプラモには、見られないが製造時にパーツからはみ出した薄皮状の
 不要部分。例えるなら、回転焼(大判焼)やベビーカステラなどに見られる
 はみ出た部分のようなもの。
Pカッター
  プラ板を切断するときに使う専用のカッター。
 刃が厚く、正確な切り出しには向かないので、スジ彫り用として使われることが多い。
ヒケ
  プラモ成形時に出来てしまう凹み。
 裏面にパーツを合わせるためのピンが付いている場所の表面に丸くできやすい。
表面処理
  塗装前の下地処理。
 ゲート処理、ペーパーがけ、サフ吹きなどの作業。
ピンセット
  細かいパーツをはさんだり、デカールの貼り付けなどに役立つ。
 使い勝手の良い先端の細い模型用がおすすめ。
ピンバイス&ドリル
  ドリルをピンバイスにはさんで使用する。
 パーツに穴を開けるのに使う。加工する人は持っておくと便利。
筆塗り
  筆を使って塗装する方法。
プラ材(プラ板・プラ棒)
  プラスチック製の板や棒。
 白色や無色透明のものがあるが、白色が一般的。
 ミゾや段付きのエバーグリーン社製のものもある。加工する人は色々使えて便利。
プラセメント
  プラスチック専用の接着剤。
 プラスチックの表面を溶かして接着するので接着力が強い。
 プラに直接塗るタイプと流し込みタイプがある。
フラット(=マット)
  ツヤのない状態。(反対語:グロス)
フラットベース
  塗料の瓶入りツヤ消し剤。
 筆塗りするときに塗料に混ぜて使うと、完成後マットに仕上がる。
プラパテ
  プラモデル用パテ。
 ラッカー系うすめ液で溶いて使う。(溶きパテ)
ペーパーがけ
  紙ヤスリなどを使って表面をツルツルに磨いたり、ゲート処理やパーティングラインを
 消したりすること。
ボールジョイント
  球体関節のこと。
 プラモ用は、ポリプロビン、ポリエチレン製が主流。
棒ヤスリ
  パーツを大まかに削ったり、一気に削りたいときに便利。
 ただし、一気に削れるので整えるだけなら紙ヤスリを使った方が良い。
ボカシ筆
  ドライブラシ用やパステル用ハケとして使われることが多い。
ポリエステルパテ(ポリパテ)
  硬化剤を混ぜると硬化するペースト状のパテ。
 盛り付けながら形が作れ、固まった後は簡単に削って形を整えられる。
 改造向き。ただし、ニオイが強い。
ポリキャップ
  ポリエチレンまたはポリプロビレン製の接続部分の総称。
 間接部分などに使われる。
【マ行】
マークソフター
  デカール用の軟化剤。
マジーラカラー
  見る角度によって色が変わる不思議な塗料。
マスキング
  塗装の際に、塗料がかかってほしくない部分を覆い隠すこと。
水研ぎ
  耐水ペーパーに水をつけて、ペーパーがけすること。
メッキパーツ
  金や銀などのメッキでコーティングされたパーツ。
モールド
  パーツの表面に施されている彫刻。
【ヤ行】
油土
  油粘土のこと。
汚し
  サビ汚れ、ドロ汚れ、オイル汚れなど自然の汚れ。
【ラ行】
ラッカー系塗料
  有機溶剤系の塗料。
 乾燥が早く、一般的な模型用塗料。濃度調節は、専用のシンナー(うすめ液)を使う。
 有害性が高いので、換気と長期連続使用は避ける。
ランナー
  プラモなどのパーツが、つながっている枠のこと。
 通常は、不要部分だが、伸ばしランナーとして使ったりもできる。
リターダー
  塗料が乾燥する時間を遅らせる液体。
リタッチ
  修正すること。失敗の修復。
流用パーツ
  他のキットからパーツをもってきて使うこと。
参考資料:過去のホビージャパン、電子電ホ、その他製作本

ガンプラ主婦モデラーですが何か?TOPへ戻る